2013年04月18日

ソード アート・オンライン インフィニティ・モーメント - 噂?のセルリオン

DLC紹介がらみついでで、セルリオンという敵があれらしいので、最近の更新停滞繋ぎ目的でぼちぼち。



橋を利用するのは定番ですが、誘導させてめりこませた後、セルリオンの全範囲の攻撃と
キリトの位置と攻撃を食らう向きをうまく調整させると、キリトが敵と重なるかめりこむため、
フィールド側に回り、後方の移動ポイントとパートナーの危険を回避できる。
パートナーはまだ誘導後の位置にいてセルリオンにターゲットにされた場合でも、
キリトが一旦ターゲットを解除してセルリオンと距離をおいて、パートナーを高速移動させて
呼び戻せば死ぬことはない。



その後は、基本的には相手の攻撃範囲外かつ、こちらの攻撃範囲内で攻撃を続けていくことになる。
セルリオンはLV125でも通常時は攻撃が中々当たらないため、奥義技で確実にダメージを与えよう。



通常攻撃以外の奥義技を含む(?)攻撃スキルを当てて敵がのけぞることで、
敵がはさまっている状態でも若干ではあるが敵が前進するので、毎回間合いを取り直そう。
レベル120前後でも、クリティカル率上昇と弱点武器属性を上手く使えば早期に倒せる確立が上がる。
シノンの弓スキル(Chain)による支援とSPアイテムの使用で一挙に畳み掛けよう。

STR,HITポーション、SP関係のポーションと結晶が短期戦では基本的に必須となってしまうが、
ソロでこの方法で挑む場合は、パートナーがいないため無駄なのけぞりスキル援護攻撃がないので、
SP関係のアイテムを使用せず自然回復で時間をかけて一撃ずつダメージを与えられる。
その場合中途半端なヒットとダメージでは、のけぞり後の敵の前身回数が多くなるので注意しよう。
最悪はさまっている状態から脱出されてしまい、危険な状態に陥る。

90層前後(?)の森にいるそこそこ強い緑のカニでも練習可能ポイントがあるので、
森の通路に緑のカニを挟んで、敵ののけぞりからの前身の間合い調整、使用武器の攻撃範囲など
練習がてら確認してから、本番に臨むのもいい。
その他、迷宮内に現れる大型モンスターを通路に誘いこむことでも応用できたような・・・。

パッシブスキルやスキルパレットは初期状態でも問題ないのでお好みで適当に。
posted by sukeroku at 06:22| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする