2014年01月27日

Clock Tower 3 - 4th Branch

先週動画を仕上げてからかなり経過したため記憶が曖昧ですが、
今回は1週目を当時やった時に鬼武者の残り物呼ばわりしまくってたハサミ兄弟です。
後半ということで話の内容も確信に迫ってますが、兄弟のノリに完全に食われてる感じに。

病院中盤でトイレの鍵入手後逃亡中にシザーウーマンが途中で消えますが、単に運です。
インジビブル使用でも多少基本は間合いを詰めてくるのですが、詰まって見失ったのかは謎です。
魔境でフィールド移動後の兄弟が初めに出てくるドア場所は固定ではないので注意を。

城に関しては特に難しい点は無く、使用人絡みのアイテムも霊木の矢があるため収録しています。
まぁちょっと道のりが長いんで尺は食ったんですが、矢のアイテムもあり抑えています。

ボス戦に関しては、シザーウーマンは完全にパターン化してあります。
矢を当てた後に竜巻を出すのを確認してから、所定の位置で攻撃準備をすれば難なく勝てます。
竜巻を出す前に所定の位置へ移動をしてしまうと、竜巻を使わずパターンが崩れます。
失敗したらわざとやられてやりなおすなどして、動画通りにすれば確実に再現可能です。

シザーマンは5回近距離攻撃を回避後、範囲攻撃を構えるので背中から最大溜め攻撃で間に合います。
逆立ち飛び道具はある程度距離をとっていれば当たらないので、そこだけ注意を。
特大攻撃後もちゃんと初めから距離をとっていれば、再度溜め攻撃からのみになります。

そんな話もどうでもよくなるほど、映写機に写される兄弟のイベントが香ばしいし面白かったなと。
基本このゲームは舞台演技スタンスが強いですが、このシーンは特に色が強い印象です。

少数のマイクを使うアテレコや、ミュージカルの台詞ごとに役者の立ち位置の入れ替わりから
動きまで、ゲームは酷評が多いですが個人的にそういった生身のような作りは凄いと思います。
関係ないですが、アズラスラースのそういう作り込みがしたことないですが気になってます。

ということで次回は同タイトルが最終回です。