2012年04月06日

MCD続報(?)

次回確定まで決定後、現状まだほとんど決まってませんがグッズ的な位置づけが大きい模様。
なんか狂犬の方が主導じみてきたので、そういう意味でグッズ性が相当強化される予定です。
そのタイトルも別ハードで続編があるのを引いてたのにさっき狂犬と気付いてとか!
そういう気付いたらシリーズ結構多いんですが、ここまできた以上やるしかないと。

MD方面一発でいけるようになったものの、内容が納得が中々なのでもう数日収録を。
まぁもうコスモ並に難儀でMDの活動からすれば次のMDは察しがついてしまうはず(?)

LD掲載もそのうち一挙にできる量にある程度は達したのでそのうち更新予定です。
最近PSPのDLCに突っ走ってたようで、500近いコンテンツを引っ提げて落ち着いたはず。

ということでまた頑張ってきます、ほなまた。
posted by sukeroku at 01:10| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

なんかブログの管理画面変わってる!

またなんか慣れないといけないのが少々ありそうですが、非常に印象はいいです。
そういうのはどうでもいいって!?

出品とか概要すっぽかして現在次のを練習中&なんかコスモギャングズ以来難儀です。
とりあえず次回もMDで、狂犬がある物を発見次第ですが、MCDといった流れかもで。
FCとかGBAも今なんか色々今の能力で調整とか細かい所でつっこみどころもありすぎなんで
作業工程をさらに詰めてさらにいい物作りたいなと。

そんなことよりむしろ、最近超低気圧の強風が酷いらしいのでお気をつけを。
ほなまた!
posted by sukeroku at 09:40| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

PSP DLCカタログっぽい初期型








a_0000.bmp
※圧縮動画のスナップなんで実際の品質ではありません。

インターレースが掲載プレイヤーサイズとのラインがあってませんが、とりあえずテスト。
PSPが59.94ベースなため、59.94iでTVとかでどうなるかはまだ謎です。
DVDでの仕様内で窮屈ですが、一応各ポジションはおおよそ収まったかなと。
メタスラは低画質の昔の引用なんで、画質は気にせずにということで。
ゲーム画面は、TVCMの用に実機サイズの等倍かつ、アイテムやアイコン、概要が見れる予定。

TVCMもそうですが、うちでも無理なクリップで画面の品質を落とさずこのように進行します。
DVD解像度を超えた環境の大きなモニターは、ズーム機能があれば編集段階で品質を落とす
よりかは全然よく見ることが可能です。
TVCMでも仮にフルHDで元のゲームサイズを無理にクリップして全画面にすると、
画面がぼけぼけか酷いことになり、品質や商品アピールで見ると非常にイメージダウンかもで、
そこをうまく壁紙や携帯ゲームのフレームで演出して実機感を出すのがベストかなと思います。
モンハン3かたしか一部背景真っ黒のままだったかでそれでもほとんど実機表現です。
せめて倍サイズでもできるかなど、自分の目安の解像度や映像ディスクの仕様に応じて、
特に商売やプロモーションでは最も気を付けないといけない所ではあります。

ニコニコでDCのカタログ動画っぽいのを見かけたんですが、さすがに元の解像度や収録出力が
大きいと小さくせざるをえませんがPSPでは元の品質のままで強引にスペースに収まりました。

TVの高解像度の進化が急速でもあり、PSP関係だけに関しても、VitaでVitaのゲームで
最大BD解像度で同ベースで作ろうが、30インチで何も設定せずに再生した場合は小さく見える。
結局は大きいベースに合わせるとこういうテーマに関してはキリがないことにもなる。
自分の環境だけに合わせて品質を落とすことを行うと、趣味ではいいが仕事にはならない。
本当にそれは「趣味だから許せる」とも言えるが、一般的な印象は厳しいかもしれない。

今のDVDでは画面が小さいっていうのは、それはアナログTV時代でも古い時代のTVサイズでは
ないんだしそれはそうだろうというのが現実ではあります。
レトロゲームに関しては、BDでちゃんと綺麗で大きく見たいなど通常ではありえない構想に。
レコーダーなどやコンバータを介しても元の画面が誤魔化しはきくが、解像度は変わらない。

うちでも該当した項目はありますが、アナログ出力の意識や画面範囲を考慮し収めてます。
ということでほなまた。
posted by sukeroku at 00:38| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

いわゆるマイナーチェンジ

TF3.jpg

定番のシリーズ逆走ということで、次回は同タイトルのオリジナル版。
難易度や遊び方も共に完全版といった形にもなる内容だと思います。
AC版とニコイチでお求めいただければ全て堪能できます。
AC版は内容は固めてありますが、短期制作での初期制作verともいえる位置にあります。

後はタイトル通りメニューのマイナーチェンジや、AC版と違う部分の変更や追加ぐらいで、
動画もいつもどおり参考になるよう仕上げさせていただいています。
さすがにそのまますぎてもあれなんで、左のコンテンツ項目を新規にしてあります。
多分アンダーカバーの焼き回しよりはさっぱりしたはず。
そして今回のをまた次回に・・・とかいう流れも温かい目で許してあげて!

今回当たりから余程のことがない限り、ナンバリングなどの都合で色々分けていきます。
手間の関係もありますが、好きなハードのコンテンツが直接わかる方がいいかなと。
分けても申し訳ないような組み合わせは、もちろん同時収録系も今後あります。
極力お待たせするよりどんどん数をこなしていきたいなと思います。

左のハード別リンクバナーは、消す可能性も含めテスト検討なので放置ぎみです。

Nirareba氏がなんかゲーム作ろうって流れが今晩長時間あったんですがと意味不明な振りで、
ほなまた。
posted by sukeroku at 00:42| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

MD版 TF3

Thunder Force 3 DVD Label.jpg

TF ACもまもなくですが、TF3のラベルも強引に完成。
TF ACの概要記事自体立ち上げたんですが、もう少々お待ちを。
戦闘機の素材は、AC版をどちらも使用しています。

TF3以降の予定タイトルも練習しだしてるんですが、決定ではなくまだお話できない感じです。
ほなまた。
posted by sukeroku at 21:30| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

先日のご連絡から

先日のご連絡の件はお客様のお手間をいただき、ポストからの出戻りもないため
無事にご連絡させていただけたかなと思います。

携帯を持ってない上に、プロバイダからの契約時から使えそうなメールアドレスも、
書類ごと紛失かつ一度も使用したことがないのが現状で、メッセンジャーを含め、
色々と交流が長く続いているhotmailで、ご注文やお問い合わせを兼任しています。

お客様にこちらかある程度ルールを提示した手前、常識や礼儀としては、
こちらも当然ちゃんとしたメールアドレスで対応するべきなのですが、
お取引時にこちらの詳細も記載を徹底し、現状この様なスタンスになっております。

今月に何かリリースとは思いますが、この記事で言うタイミングではありませんので、
後日改めてお話させていただきます。

ほなまた。
posted by sukeroku at 19:53| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

注文のお問い合わせ関係

本日より三日以内にいただいた何人かの客様へのお問い合わせへのお返事が、
ご連絡先不明などにより送信完了していない方がおられます。

携帯の場合は、PCからのメールを許可していない場合や、一部のドメインから
迷惑メール防止などで届かない設定になっている可能性がございます。
sukeroku7581@hotmail.co.jpからの受信を可能にしていただいた上で、
再度お手数ですがご連絡をいただいた上で、お返事を送信させていただきます。
もし期日内のお返事がない場合は、上記のアドレスから直接連絡いただいても結構です。

yahooからの送信も同状況で、友人にもありましたが、携帯からの受信許可をいただいて
送信可能という流れになる可能性がございます。

こちらの知恵袋などを参考にするか、各種設定をお調べ下さい。
posted by sukeroku at 12:30| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

スキュー歪み

ビデオも粗方解決してきたんで、現在ゲーム系DVDにようやく戻り初めました。

ということで、昨日初めてスキュー歪みに遭遇しその言葉を知りました。
いわゆるオーバースキャン領域の、画面上部のラインが歪んでしまう現象です。

スイッチングノイズも同様と思われがちですが、あれはまた別の話です。
軽減できるデッキもあるらしいですが、主にデッキ差は普通にあります。

スキュー歪みは多少の誤差はありますが、ブラウン管領域にはほぼ抵触はしません。
ちょっと見えてしまうかな?という程度ですが、同TVにおいては無関係かもと。
通常キャプチャー時には、対策機材を施していないとタイトルによって見えます。
マクロビジョンか映像信号が主で、テープの劣化や状態の可能性が薄いです。

改善策として、SmartVision HG2/R のTBCでスキュー歪は今回補正されてます。
再生側でもTBCがあるデッキも用意する必要はありませんでした。

今回遭遇したのは、アニメ版の哭きの竜です。
1はレンタル版は微量、2と3が販売版で丁度オーバースキャン領域といった感じでした。
他は2.3本やってみたんですが、特に普通に問題ないといった現状です。

狂犬が結構ビデオはよく色々経験していたようで、こちらはほぼ知識が無かったためや
準備や段取りが甘すぎたため、LD同様付き合い方を覚えるまで時間がかかりました。
伝え忘れも色々あったようで、いい意味で昨日はお互い反省といったオチでした。

HDRECSには、ビデオ関係問わず全く対策が施されていないので、
ビデオをキャプチャーする際は、TBCを持ったキャプチャー環境を用意してください。
それが面倒な場合は、スキュー歪が付いた映像をカットしてTV領域数値に収めて下さい。
まぁそこらは気休めにしかならないかも・・・ということで、ほなまた。
posted by sukeroku at 06:20| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

このPSPのDLCには注意を

テイルズオブザヒーローズ ツインブレイヴ のDLCで配信動画の閲覧が可能ですが、
一度プロダクトコードを入力して希望の動画を一度閲覧すると効果が無くなります。
つまり、購入履歴にも残らず再度プロダクトコードを入力しても、次回無効となります。
再生して切断や電源を切るなど接触を止めるとそこで、おそらくDLCの効果終了です。
狂犬が10秒で本件を確認済みです。先行配信とはいえ厳しすぎますが注意を。

メディアGOではデータとして残らない(ストリーム仕様?)可能性があります。
DLゲージなど転送は通常通り行われますが、特殊な仕様かもしれません。
PSP本体系列からアクセスを行った場合、データとしてMSに残せるかも不明です。
後日ソニーに問い合わせするらしいんで、忘れてなければ報告どっかでします。

後半は憶測の域なんで適当に流す程度で。
ほなまた。
posted by sukeroku at 18:44| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

最近体調不良で

狂犬もなんか頭痛か体調不良が続いてるようで、この季節なんかそんなもんかどうか・・・。
昨日は、狂犬と先日話したビデオデッキやキャプチャー環境の打ち合わせが数時間。
TBC関係が必須かそうでないかは、ビデオやLDは特に関係なくタイトルによる可能性があり、
2つのハードでも存在するということは、ごく稀ですが環境の切り替えで対処が必須かもと。

PS関連でYAKATAは冗談抜きで昔からダイジェストを扱いたかった一つです。
DC関連でグランディア2をほったらかしてるのもあれですが・・・。
10年前かに当時ヒロが済んでいた時に買ったディスクがボロボロで不慮が多かったので、
最近同じゲームを2セット予備として購入。まぁ当たり前ですが順調のようです。
ビデオなんてもう修復作業分で3本予備とかは当たり前っぽいかもと・・・。
以下はYAKATAのオープニングですということで、ほなまた。






posted by sukeroku at 06:52| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

VHS-DVD関係の勉強中?

HDRECSでもGV-MVP/RX3で狂犬に確認させても輪郭(の縁?)が同じようなので、
今日初めて知ったんですが、TBC対応のデッキやハードが必要?と勉強でぼちぼち。

簡単な画面揺れに関しては、LDでもあることなんでテープの善し悪しと関係ない仕様的か、
仕方ない項目ではあるので、それなら狂犬も目が肥えてるのでハードが原因を予想。
GV-MVP/RX3も、輪郭補正という名称でおそらく同じ補正処理がかかっていると思うので、
HDRECSでもGV-MVP/RX3改善されない(変化無)という話という流れなので、
おそらく適当に買ったS-VHSデッキが怪しいのも。

とりあえずTBC対応のボードとデッキを買い漁ってる段階ですので、謎です。
1000円そこそこのレベルを買い漁ってるので、また狂犬に安かれなんやらでつっこまれる!
まぁ最低限TBC対応と調べた限りのいい評価のを選んでので、今後どうかなという。

去年はLDごとでこういう状況が続いて落ち着いた感じなので、今回はこれかなと。
画質に関しては、HDRECS経由が当然圧倒していますが、TBC機能はありません。
この状況で、TBC機能があるデッキを通して改善されればベストですがどうだろうと。
先日はデッキはとりあえずそのままで、GV-MVP/RX3を購入して改善かという感じでした。
HDRECS(Non TBC)-S-VHS(On TBC)か、Smart Vision(On TBC)-S-VHS(On TBC)の、
この2ケースを試すことで結果はどうあれ頭打ちかなと見ています。
S-VHSデッキに関しては、中古しかないのと、あくまでTBC搭載で値段はフリーの方向。

LD-DVD同様に狂犬からの正式な依頼でもあるので、頑張っていきたいと思います。
VHSのキャプチャーとかSGAD立ち上げ(?)っぽい時に10年前から使用以来です。
最近の配布サンプルもそうなんですが、音がどんどんずれていく時代だったため、
うまく分割したり、音がそれぞれずれたパーツを集合させたとかそういう時代です。
まぁ正直マニアックな需要にしろ、VHSなどのビデオ関連は未だに難易度も敷居も、
キャプチャーにしろデッキにしろ、映像に拘ると一番高いのかなと思います。

ほなまた。
posted by sukeroku at 01:58| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

近日中に 2

先程DVD-R DL(2層ディスク)で1層サイズのDVD商品コンテンツを焼いてみましたが、
DV-X800(DVDプレイヤー)で何の問題も無く、一通り動画コンテンツ全て再生確認しました。
無駄かつ特殊なケースを試しましたが、相性問題が再生を妨げている根拠に近づけたかもで。
これにより、各自での相性問題によるサポート(交換)は厳しくなるかと思われます。
先日のプレイヤーやドライブの製造年や対応仕様は、メーカー問い合わせの方向になります。

レコーダーは相性がDVD-ROM以外の互換が良くなく、RD-X5も昔所持していましたが、
互換性の無いディスクだった記憶があります。こちらは記憶などで確証はありません。
ただこの機器自体は、2層ディスクに対応しています。

先日話しましたが、再生中に動画が止まったり再生したりする現象は、ピックアップに問題
無い場合は、こちらの書き込み不慮でセクタ破損かそれ関連です。
DVDの再生に熟知したお客様が、交換で返送をわざわざ相手様からしていただいた際に確認。
当時はこの時点で、書き込みドライブを交換して対応させていただきました。

三菱化学メディア Verbatim も一度しかまだ購入しておらずDVD-R DLも残っているため、
完全移行の流れはもう少し先となります。おそらくDVD+R DL移行で相性問題は解消のはず。
注文分でDVD+R DLの場合は、ROM化も同ディスクでは影で行っていました。

昔の時点でも相性問題は散々書いたり対応する機会もありました。
PCをお持ちでしたら、当商品以外でも非対応ディスクで受け取った場合は、
一度リッピングをしてDVD+R DLに焼けばokです。
当方では普通に見られているお客様もいるため、機材の相性問題は保障外としていきます。

ほなまた。
posted by sukeroku at 06:52| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

近日中に

基本情報と重要の2つのカテゴリについて最近見直しをしていなかったので、
近日に色々変更したいと思います。

DVDR系列での仕様とか再生環境が主にメインになると思います。
プレス生産ではないのとメーカー固定ディスクでない時もあるので、
この辺をもっとあらかじめ注意というか説明できていけたらなと。
ただ情報サイトではないんで、うちに関する部分だけといった感じです。

後は使用ディスクとか細かい相性関係の詳細も排除してまとめようかと思います。
2007年以前の生産のプレイヤーや、再生機器がディスクが未対応の場合は、
起動再生に保障がないとの説明がよかったかもと今更。
細かい説明などいらずなのと、細かい話はおそらく大抵読まないだろうという点でも。
ごくたまに、1層を2層ディスクにファイナライズして非対応になるケースも、
かなり極小ですが、ディスク在庫により端数があればあります。
そこを含め年代や機器仕様のボーダー線で線引きしてしまう方がと考えています。

PCで再生確認、PS2やレコーダーなどを含めた機器で、非対応&読み取れませんは相性該当。
うちでは家庭機でも相性以外の起動不具合は全くありません。
古いのでRD-X3が2層未対応なので、当然読み取れませんが表示されます。(RAM対応機)
2005年製のDV-X800は色々とDVD関係はなんでもありだったりで対応だったりします。
まぁこの辺が細かい説明というか読む側でも面倒な話だろうと思います。

起動後、再生に関して止まったりの挙動などは、レンズの具合で無ければこちらの不備。
といった再生中での出来事に特化できる対応にも出来たらなと。

ずっと前にTDKのDVD-R DLがちょっとダメみたいなこと書きましたが、
あれから試し焼きと再生を企画テストでやってますが、ベリファイを含め問題無しに。
結果的にハズレの許容範囲程度だったという結果です。
ただDVD-R DLだということで、2007年以内の製造年相性問題が出てくる互換性です。
レコーダって相性問題とかダビングやらドライブの性能やハードがハズレを引くと劣化が
躊躇に現れるので、ディスク不慮の問題のせいにされるのも多い話です。
後多いのは、非対応ディスクを入れてダビングしてレコーダーを困らせるとか。
ここらは全て一応経験してしまった話です。

DVD+R DLで2層は統一するか検討中で、コストは上がりますが今後価格に変動無しの予定。
アンダーカバーは高いと思われそうですが、基本価格はかかった手間などを考慮しています。
なので、高かったり安かったり商品によりまちまちです。

ということで長文すぎでほなまた。
posted by sukeroku at 02:40| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

LD-DVD と VHS-DVD

VHS-DVDもLD-DVD立ち上げ後に去年夏辺りから話は出てたのですが、
LD-DVDが元からメインだったので、LDの買い込みがメインと最近までなっていますが、
VHSも少しずつではありますが狂犬が買い込みしてる気がするので、期日は未定ですが、
LD-DVD同様、現状狂犬のみ専用コンテンツ状態ですがジャケット関連もする予定です。

現在HDRECSでのS-VHSでのキャプチャーにおいて、輪郭障害が起こってしまう。
ほとんどそのまま録画され、録画対象媒体の状態をほぼ鮮明に録画されるが、
補正機能が少ないため、ビデオの場合は特有の現象などがそのまま録画される。
I/Oデータの概要の単語を引用させていただくと、多重映りや輪郭障害に対応していない。

今回狂犬の経験談と実際の症状を、DVD化テストし自分でブラウン管で確認してみたところ、
輪郭が正方(に近い)形状ではなく、TVライン並に細すぎるラインと震えになる。
ここらはこだわりかよっぽど近くで見ない限り気にならず綺麗に見れる範囲ですが、
これを対処するためには、アナログ(ビデオなど)キャプチャーを売りにしていた時期の、
補正機能を売りにしているボードを使用するのが一番と現状は予想しています。

狂犬のVAIOで初期から装備されているキャプチャーボードではそれが無いのも理由です。
現在ボードを注文中なので、到着次第検証&狂犬の経験と意見で検討といった感じです。

LDでもデジタルアニメやフィルムかでも違いがあり、タイトルによってかもしれません。
個人的には。モニターの映りか個人の好みレベルかな?と思ってるけどどうだろう・・・。

関係ないですが、シネマスコープ系の映像タイプを引き延ばした形での16:9化も仮作成。
単にワイドっぽいのを全てと判断してしまうと、その仕様でないサイズもあるため注意。
掲載しているLDで比率がきっちり合致するのは、亜人戦士のみで他は細かい誤差があり、
カットする必要もあります。あきらかに中途半端な画面サイズはシネマではありません。
数ドットの誤差範囲以外は、シネマスコープでは無いことに注意しましょう。
16:9における比率とクリップ調整とか各録画環境に合わせた段取りがかなりいります。

ほぼ同等に作り替えは可能ですが、当然調整の影響で元の映像よりは若干違います。
それでもうまくやれば、ほぼ同じで違和感ないレベルにまでもっていけます。
ただそれも録画環境の質が大きく左右してしますので、どの環境でもではありません。
ただ編集時点で変な調整やフィルターや機能を負荷した場合はまずくなる可能性大です。
通常に調整を行った分の差分を補正するぐらいに留めて元ソースをあまりいじらずに。

この時点で元のソースではないため、シネマスコープ状態でDVDなり制作したものと、
16:9に調整したDVDとを2つ保存しておくのが、コレクターの方へは推奨です。

---------------------------------------------------------------------

ゲーム関係の近況は後日ということで。
ほなまた。
posted by sukeroku at 16:11| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

ちょっとまたゴタゴタと

Megaはもう言うまでもないということで、サンプル動画/サンプル配信の移転問題は解決。
過去の分の再掲載は先日多分言ったかと思いますが、ありません。カテゴリ自体も削除と。
サンプルも借りてる場所の通信速度が非常にいいため見やすいかと思います。

SGAD Free Movie History というのを最近立ち上げましたが、
ビデオキャプチャー時代から素材実験していた物を、誤字や編集ミスがあろうが、
晒してしまおうというコンセプトに加え、原点とかこんなことしてましたみたいな。
とりあえずナンバリング単位で、Disc11まであるようです。

今日辺りLD-DVDが落ち着きそうなので、ACSEに戻れそうな気がします。
最近ゲームというと作業合間にPSPするぐらいかもで。スリープがやっぱし便利です。

ヒロとアドホックでやったゴッドイーターバーストやらも試し撮りも手付けず。
そして狂犬がバクマツ維新伝のアドホックをやりたがっている?

というわけのわからない話題オチで、ほなまた。
posted by sukeroku at 10:31| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

Mega系のストレージサーバー

昨日の夜から突然落ちたよう感じがしますので、現在閲覧も不可能になっています。
こちらでは対処不可能なので、あまりに長期であれならば別の方法を検討しています。
その場合の以前のコンテンツに関しては、復旧予定はありません。

昨日にお蔵入りとは別の、適当に撮りまくってDVD単位で編集保存していたシリーズを
用意してアップロードしている最中の状況だったので、色々残念なのかどうかで。

LDスキャンも後4.5枚で一旦更新が止まるかと思います。
ただ先が全然長いので、まだまだ見たことのないタイトルを紹介できたらと思います。
まぁ狂犬が多忙なのもあり、実質は素材待ちのみで完成間近にはほとんどしてあります。

サンダーフォースUMDちょいやってみて、トップビューだけと思って避けてたんですが、
横スクロールのステージもあったりと、最近誤解してました。
Wは避けられない恐れがありますが、MD企画にUMDもあってもいいのかなと最近。

ほなまた。
posted by sukeroku at 12:31| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

10もリリースだけ状態なのに11の予告

ACSE vol.11.jpg

ACSE vol.10は後詳細書くだけなんですが、とりあえずvol.11進行中で後メニューのみです。
いつも通り逆走路線で、一応MD版もちょくちょくやっています。
ほぼ同時にリリースか迷うとこもあり、今週予定がまたよくわからなくなり申し訳ありません。

先日話したPSPなどの携帯方面は、狂犬の協力により副音声追加でのコンテンツの可能に。
ただ基本的にジャンルや企画があれなので、使用することは皆無だと思います。
左右音声での主・副での切り替えではなく、言語切り替えのような普通の仕様です。
副音声がコメンタリーなどのコンテンツで販売されているタイプを再現可能でかなりいいです。
PCなどで再生で同時再生されてしまうプレイヤーでどうなるかは確認予定もなく不明です。
狂犬はWMPで切り替えも確認してたような話を聞いた気がします。
ツールを使っているわけでもないため確認もへったくれもないかもと・・・。

ほなまた。
posted by sukeroku at 09:29| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

遅れましてあけまして

あけましておめでとうございまず、本年も宜しくお願い致します。
去年やった年賀状っぽい絵は無し&そろそろタイトルバナーなんとかせんとて感じです。

ACSE vol.10に関しては現在準備中で来週にリリース予定となります。
現在次への進行も始まっています。

ということで、PS2方面もDVDばかりではなく【Portable Edition】として、
PSPの環境や仕様をベースに配布などコンテンツのテストを行っています。
比率に関しては、先程いったとおりPSPの環境や仕様をベースにしています。
PS2ベースの比率に関しても選択肢に入れており、テストは既に行っております。
配布がメインとなりますので、比率や基準はこちらで適当選択する形となります。





ほなまた。
posted by sukeroku at 01:07| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

V3風味?



前のV3風星矢ネタで引っ張ってるかの真相が謎な今回の絵。
印刷でインクの状態のテストした紙を、もったいないのでそのまま使用したとのこと。

とりあえず全日本フィギュアか適当にチャンネル回しながら作ります。
ほなまた。
posted by sukeroku at 19:05| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

昔のアニメっぽいテスト







今年の夏だったかいつかもう早くも記憶にない時期の絵です。
子供向けベース(?)っぽい気がしますが、後は謎です。

アニメのタイトル自体の話題というか、アニメの立ち位置や扱いについて、
最近よく話すことがありますが、好きな人と作る方で色々難しいことが多いです。
あまり深くは語らないということで、ほなまた。
posted by sukeroku at 18:00| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする