Burnout Revenge Perfect Challenge - 1-1.Sunshine Keys

Burnout Dominator を始める前に、Burnout Revenge の全てのコースをクリア後に収録。
なんとなくで始めた感じなので、現状1-2までの収録ストックですが、最後まで続かない可能性も。
まぁそんな感じでとりあえずやってあったので掲載した次第です。
成績に拘るのも面倒になったりで結局なんか短時間で妥協なノリの内容で仕上がってます。


続きを読む

2013年12月08日

Burnout Dominator Gold Medal Challenge - 7.Dominator Series

Burnout Dominator Gold Medal Challenge の第7シリーズでようやく最終回。

最後のコースの話というか MANIAC の基本的な稼ぎ方さえ出来ればノルマが高く設定されていますが、
このコースのみ3週分の走行が可能なので決して難しくない難易度となっています。
まぁ前回も予告した通り1コケでも300万いったので妥協してもう通してあります。

基本の稼ぎ方を含めてこのコースの稼ぎ方を中心に説明していくと、
まず車種が加速が遅めでコーナリングがまだ容易(マシ)なのを選択、Low Rider では流石に厳しい。
そして初回のブーストコンボスタートを極力早いタイミングで始めることが重要。
低加速で難易度を下げつつ時間を稼ぎ、ブーストコンボ倍率と回転率を少しでも上げる。
もちろん極力常時ローリングと逆走ライン走行で稼ぎまくらないと低速の煽りでコンボも途切れる。
ニアミスはスコアが大幅に加算されてくる、ブーストコンボx30ぐらいから特に狙っていきたい。
速度維持お勧め範囲は海外版の単位での説明になりますが、100MPH-130MPHの間を常に、
以上の走行方法を維持しつつ、こまめに速度計を見て調整をいう恐ろしい忙しさに。
80-100の間だと、80-90辺りはブーストゲージ上昇判定速度に引っかかり上げにくくなってしまう。

動画ではテンポの悪い変な走行をしている部分が多いですが、決め打ち回避の安地走行や、
あえて外回りするといった含みを基本走行としています。
まぁ380-400万はあの調子でコケてなかったらいける可能性ある気もするんで、
後は誰かか自分で挑戦して限界引っ張り上げてみてください。
収録動画に関しては、あれでもブーストコンボとスコア上昇のテンポは悪い方になります。

1コケというかもう3週目で指がしんどかったり握り過ぎだったり集中力不足が原因。
まぁ半日ここだけやり続けて久々にゲームしてなってオチでもあったんちゃうかなと。
それではお疲れ様でした!

基本的なコンセプトはこちらの第1シリーズの記事をご覧下さい。
まぁそんな大層な事もないんで見なくても余裕でokです。

続きを読む

2013年12月07日

Burnout Revenge Perfect Challenge - Some Courses vol.2

前回のvol.1の記事でもう全て内容話した気もするので、今回は特に説明やコメントはありません。

続きを読む

2013年12月03日

Burnout Dominator 最終シリーズ取り終えてetc

とりあえず最後のコースを撮り終えてようやくBurnout Dominatorが終了。
前回デカい事言った割りに3週目中盤1コケで300万でもう妥協やで!
もうちょっとランダム要素強いのと指がズタズタでここらで潮時かなと。
まぁ危険な運転十分したのと、本ちゃんに次へ移行する連絡でお疲れ!
posted by sukeroku at 09:15| 【雑記】 制作適当雑記+日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

Burnout Revenge Perfect Challenge - Some Courses vol.1

前回の記事でもお伝えしましたが、Burnout Dominator 以前に本シリーズ収録前に収録を試しだした、
Burnout Revengeの遊びで未クリアコースのパーフェクトチャレンジの寄せ集めの企画になります。
発売当初の数年前に4人ががりでパーフェクト目指してコツコツ流してたセーブの未クリア分を
突然本ちゃんと埋めていく、まとまりのないステージ走行が配信2回分あります。

前回確認せずに収録時間を掲載していましたが、実際は64分+18分となります。
結構録画の押し忘れでおそらく後半のディスク分が激減している記憶が今更思い出したりと。
一部タイムアタック系がPerfect取得後に納得いかずに撮り直しとかがあります。

事故っぷりとか勢いと難易度に関しても個人的にシリーズトップかなと思ってます。
新しいライバル出現の演出など破壊のタイミング次第で色々おかしくなったり、
演出中に決定されたライバル車が勝手にすっころんだりとその辺も香ばしいかなと。

一般車の追突仕様やコース、クラッシュ系にしろ腕より奇跡でもクリア出来るのも特徴。
車種ごとの癖以外に、自爆の強さにも個性があったのでこの基準で自分にあった走行戦略も
ルールによったら楽しめたりします。選曲もかなりいい感じでノリはあります。

これ新規から収録していれば多分 Burnout Dominator の収録は無かったと思うほど。
床抜けに関してはもう今作も Burnout Dominator もレース直後とかからあるんで、
そこを含めて何もないとこでけつまづいたりしたらもう不運と思わなしゃあないで!ぐらいで。
床抜けはでも空中浮遊が数秒続く減少もあるんで、床抜けにも色々あります。

PSの Destruction Darby 2 とかもうあるコースのポイントで故意にぶつけると背景走れたり、
Driver になるともう建物の中に閉じ込められたりあの辺に比べると全然マシなはず。
当時なんかランダムに転倒やジャンプしたり回転するのをAR付けて改造コードで遊んでたりも。

続きを読む

2013年12月01日

Burnout Dominator Gold Medal Challenge - 6.Race Specials Series

Burnout Dominator Gold Medal Challenge の第6シリーズということで、
本ちゃんの遊びと経験と飽きを糧に(?)、助六がピンで走るシリーズに突入。
まだ完全には慣れてない感じっぽいですが、そこそこ勢いでまとまってるかと思います。
まぁそれでも結局完璧を求めすぎると時間の無駄なので、部分的に無茶せず勝ちにいってます。

ゴールドメダル前提のクリアだと多少クラッシュでもあまり気にならないのですが、
ノーミス前提の危険な走行メインだと、とにかく定期的なゲームのアクセス判断により、
走行内容などの影響で、一般車の配置テーブルが2.3種類(多分)の変化します。
それによりあえて失敗気味にドリフトなどすることでカーブ中の接触を回避や注意が出来ます。

このアクセス方法が厄介で、不定期にこちらの走行ラインやカーブラインにほぼ沿った形で、
「決め打ち」と言えるいきなりのレベルでアクセス配置されるのが愚痴のテーマです。
この「決め打ち」を含め、常に走行中に一般車の配置パターンが選択されている感じです。
車の配置自体がランダムではなく、配置テーブルが変化するという事になります。

例えば、スタート開幕で普通に走行した場合と、スタート開幕でローリングでゲージを稼ぐなど
時間をかけて中々前に進まない行動を起こすと、配置テーブルが変化しやすいです。
まぁ常にローリングが必要なのはこのゲームぐらいですが、配置テーブル変化というリスクを
犯して稼ぐというのも非常に独特のスリルとハイスコアの楽しみかなと。

稼ぎとしては、制限時間を最初と最後の消費分を気にして逆走を含めて距離を細かく稼ぎきる、
最低限のブーストコンボ速度をキープしつつ、常時低速ローリング走行を基本にニアミス狙い。
今回のシリーズ動画でそれっぽい内容段階のを収録されていますが、多分役立たずっぽい!
Bushidoの簡単ベースのコースもうクラッシュ込みでもああでも走ってないと暇やで稼ぎでも!
あのやりかたでこけようがあんなけ出せますということで、最後シリーズはどうなるか・・・。

まぁ収録後日にこのシリーズコースのマニアックでも100万超えと前後を無茶走行で可能でしたので、
車がヒュンヒュン飛んできて決め打ちバンバンなコースでハイスコア狙いのほうが相性いいかなと。

本音はもう本ちゃんから第4シリーズからもう次のゲームいかへん?な流れなんで、
適当に収録済ませちゃったらすんません。

次回は最終シリーズ未収録のため、本シリーズ収録を試しだした、Burnout Revengeの
遊びで未クリアコースのパーフェクトチャレンジの寄せ集めの企画になります。
発売当初の数年前に4人ががりでパーフェクト目指してコツコツ流してたセーブの未クリア分を
突然本ちゃんと埋めていく、まとまりのないステージ走行が配信2回分(多分50x2前後)あります。
やっぱしこのシリーズの方がテンションがノってたなということでまた次回。

基本的なコンセプトはこちらの第1シリーズの記事をご覧下さい。
まぁそんな大層な事もないんで見なくても余裕でokです。

続きを読む

2013年11月22日

Burnout Dominator Gold Medal Challenge - 5.Super Series

Burnout Dominator Gold Medal Challenge の第5シリーズということで、
前回言った通り、とうとう助六がゲームクリア処理班として出しゃばりだしてくる時期に。
久々に撮る方面で参加する機会でもあり、ぼちぼちと頑張らせてもらってます。
色々わかってくると結構タチの悪いアクションレースゲームだったりとかそろそろ愚痴るで!

次回にそんな愚痴とかその辺で小言を吐いてみようかなと。
そしてついに助六がピンで走り出すシーズンになります。

基本的なコンセプトはこちらの第1シリーズの記事をご覧下さい。
まぁそんな大層な事もないんで見なくても余裕でokです。
続きを読む

2013年11月19日

Burnout Dominator Gold Medal Challenge - 4.Hotrod Series

Burnout Dominator Gold Medal Challenge の第4シリーズということで、
前回の記事内容と動画内容のノリもそんな大きな変化も上達以外は無い内容(?)です。
次回からそろそろ助六がメイン収録で急速に仕上げモードに突入です。
まぁ今回から初っ端に参加してますが、第一シーズン以来なのと本ちゃんのロケハンの
応用的な段階だったんでちょいぎこちないんかなんやらで。

基本的なコンセプトはこちらの第1シリーズの記事をご覧下さい。
まぁそんな大層な事もないんで見なくても余裕でokです。

続きを読む

2013年11月13日

Burnout Dominator Gold Medal Challenge - 3.Tuned Series

Burnout Dominator Gold Medal Challenge の第3シリーズということで、
本ちゃんが少しずつ慣れて相変わらず部分的な事故と、ここぞの最速自爆の嗅覚の凄まじさ(?)。
まぁちょっと難易度が上がって収録ペース落ちたか飽きてきた時期だった気がしてたので、
ちょくちょくそろそろ助六も参加しだしたとかそんなもんだと思います。
この辺から参加といっても第1シーズンとリベンジの名残り程度なので微妙だったりと。

基本的なコンセプトはこちらの第1シリーズの記事をご覧下さい。
まぁそんな大層な事もないんで見なくても余裕でokです。
続きを読む